気になった異性会員に最初に連絡をするときのやりかた

ブライダルネットは異性会員とやりとりをする仕組みがしっかり整っています。普通、ネットでの出会いとなると、メールの書き方が重要で、ここで成功と失敗がはっきり分かれてくるのですが、ブライダルネットの場合、そこをうまくサポートする仕組みが出来ています。

 

そのため、メール下手でも何とかなりますが、そうなると今度は、そういったサポート機能を使いこなせるかが重要になってきます。仕組みを理解して最大限に活用出来るようになりましょう。

 

ブライダルネットで初めに異性会員にアプローチするときの仕組み

ブライダルネットでは、気になった相手がいたとしても、いきなりメールを送ることは出来ません。

 

そのかわり、『あいさつ』というメッセージを送ることになります。『あいさつ』はクリック一つで送信出来る機能ですが、独自のメッセージを送ることは出来ません。

 

あなたのことが気になりましたと声がけするだけです。まさに『あいさつ』ですね。

 

『あいさつ』を受け取った相手が、『あいさつ』を返してくれれば、初めてメッセージのやりとりが出来る段階に進みます。

 

でも、この段階でも、相手の本名や連絡先を知ることは出来ません。ブライダルネットでは『ちょい話そう』という機能があり、この機能を使って3日間やりとりをすることになります。3日後、お互いが連絡先を教えていいと思えば、初めてここで交換することが出来ます。

 

つまり、ブライダルネットでは、まず相手から『あいさつ』をしてもらう、『ちょい話そう』機能でメッセージをやりとりするなかで、自分のことを気に入ってもらうという二つのハードルが存在することになります。

 

これらのハードルを乗り越えなければ、相手の連絡先をGETすることが出来ません。

 

相手に『あいさつ』を返してもらうには?

では、そのためにはどうすればいいのでしょう?

 

まずはプロフィールと日記の充実化です。

 

あなたからの『あいさつ』を受け取った相手が、まずチェックするのは、あなたがどんな人間なのかということです。ここで自分の良さをPRしなければいけませんが、そこで利用出来るのは二つだけです。

 

一つはプロフィール。住んでいる地域や職業といった個人情報だけではなく、趣味や特技・関心事や日頃、どんなことをしているのかなど、少しでも相手があなたのことを把握出来るように、きめ細かく書くようにしましょう。

 

女性受けする情報があるようでしたら、それを書くのは必須です。

 

さらに各種証明書は提出しておきましょう。そのほうが信頼度がアップします。このあたりのプロフィールについては、こちらのページを参考にしてください。

 

あなたの人間性をPR出来るもう一つの機能が日記です。ブライダルネットでは、会員がそれぞれ自分の日記を書くことが出来るようになっています。

 

Mixiの日記やFacebookの投稿と一緒です。使い方も一緒で、ちょっとしたコメントを投稿したり、食べている料理などをアップしたりといった感じです。

 

ほかにもブライダルネットの日記には独自機能があります。下記のページに詳しい解説をまとめてあるので、参考にして頂きたいのですが、こういった機能を使って相手に親近感を持ってもらうことで、『あいさつ』を受け取れるようになります。

 

● ブライダルネットの日記機能を活用しよう

 

『ちょい話そう』で好印象を与えるには?

相手とメッセージの交換が出来るようになったら、重要なのはメールの書き方です。書き方一つで相手に対する印象が違ってきます。

 

話のネタに関しては、相手のプロフィールをみれば幾らでも探し出せますし、『あいさつ』の交換に成功したということは、相手と何らかの共通点があるはずなので、そこをネタにすれば大丈夫です。

 

そのため、ここで大切なのは、メールの書き方を覚えておくということです。

 

ここはこちらのページにまとめてあるので、参考にしてください。

私はこうやって結婚しました!

当サイト管理人は2011年2月に婚活を開始、お見合いパーティーや婚活SNSを利用しました。それから半年後に彼女が出来て、紆余曲折があった後、2013年5月に入籍しました。

どうやって、結婚出来たのか、その経緯をまとめています。

 

管理人の婚活体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ