停滞期と挫折

ブライダルネットの体験談について書いているページは、このページで5ページ目となります。

 

(リンク)

 

これまでの4ページを見て頂ければ、私がブライダルネットに入会してから初めてデートするまで、かなりスムーズに進んだことが分かると思います。

 

『本当?』と思われる人もいるかもしれませんが本当です。自分でも驚くぐらいスムーズでした。

 

しかし・・・・

今、振り返ってみると、まさにビギナーズラック。ここから一気に雲行きが怪しくなります。世の中、そうは甘くないということですね。

 

同じことをしても失敗するばかり

ブライダルネットの場合、相手とのやりとりが『ちょい話そう』、『もっと話そう』という二つの段階に分かれており、そこからデートする段階を合わせると、3段階構成となります。

 

(図)

 

一つずつハードルを登るという感覚ですが、全ての段階でおかしくなりました(汗)

 

あいさつを送っても、なかなか返答がなくて『ちょい話そう』まで進まない。たまに『ちょい話そう』まで進んだとしても、『もっと話そう』まで進まない。

 

ようやく『もっと話そう』にまでいって、連絡先の交換が出来たけど、すぐに音信不通になってしまう、デートに誘っても撃沈・・・

 

どうしよう?という感じです。

 

ちなみに、デートまでこぎつけた二人目の女性と出会うまで、要した期間は一人目の人と終わってから約3ヶ月。その間の戦績は、こんな感じです。

 

アプローチした人数(あいさつを送った人数):18

メールの返信があった人数(ちょい話そうに進んだ人数):11

やりとりが3回以上続いた人数(もっと話そうに進んだ人数):5

実際に会うことが出来た人数(デートに成功した人数):2

 

あいさつを送った人数が少なく見えるかもしれませんが、これは手当たり次第に送っても仕方がないことが分かっていたためです。逆にいえば、この18人は考えに考え抜いて厳選して送った人達です。

 

だからこそ、半分近くの人から『あいさつ』を送り返してもらえたとも言えるし、これだけ選び抜いたのに半分の人からしか反応がなくて残念とも言えます。

 

あいさつは1日10人まで送れます。ここは完全に無料なので、毎日とにかくあいさつしまくるというやりかたもあるのですが、その日だけ遊べればとりあえずいいといったナンパ目的であればともかく、真面目に付き合える人を探すには、意味がないかなと思い、そういったことはしませんでした。

 

これが正しいとは断言出来ないのですが、個人的には、このほうがいいのではとは思っています。

 

失敗から学んだこと

最初のデートまでがスムーズだった反動でもあったのですが、同じことをしてもうまくいかなくなったため、『何か自分のやりかたが間違っているかな』と思い、女性の心理をもっと知らなくちゃと思うようになりました。

 

それで、最初は心理学系の本を読みまくりました。

 

こんな本です。

 

「欲しい」と言われる男になるMUST50―仕事も恋愛もハッピーに成功するステップ

ワルの恋愛術 (河出文庫)

一瞬で好かれる心理術 ~ モテのツボ55!~ (だいわ文庫)

すごいモテ方—オンナ心をつかんで離さない魔法の法則

「MBA」恋愛戦略―最強のマーケティング理論で説く彼女獲得のしくみと方法

 

当時、お見合いパーティーなどにも参加していて、トーク力の無さも痛感していたので、その手の本も読みました。

 

「お笑い」会話力―あなたの話、ウケてますか?

あたりまえだけどなかなかできない 雑談のルール (アスカビジネス)

あたりまえだけどなかなかできない 聞き方のルール (アスカビジネス)

 

元々、勉強好きなこともあって、雑談のルール、聞き方のルールの著者の松橋さんのセミナーに参加したり、心理学の教材を購入したり、『今からモテに行くぞ!』といった高額な情報商材を買ったりもしました。(『今からモテに行くぞ!』に関しては、自分にとってはターニングポイントとなったので、こちらのページに内容をまとめています。)

 

勉強したからといって、そう簡単に身につくものではありませんが、それでも幾つか印象に残ったことを実践することで、少しずつ女性相手のコミュニケーションがうまくなったのか、ようやく二人目をデートに誘うことが出来ました。

 

詳しいことは、こちらのページでまとめていますが、こうやって頭で勉強するのも悪くはないです。知らなかったことがたくさんありますし、なんだかんだいって、女性と話をするのがうまくなりました。

 

私のように大金をつぎ込むかどうかは別として、新しいことを知るというのは絶対にやるべきことです。

 

失敗が続くということは、うまくいかない原因が何かあるということです。その原因を取り除かない限り、新しいことをしない限り、失敗は続きます。そのためには、自分が知らないことを知るようにしなければならず、それが勉強というわけです。

 

婚活を通じて感じたことは、恋愛も一つのスキルということです。能力が高くなければ成功することはありません。そして能力を高めるには勉強しかないということで、学ぶというのは、とても重要なことだと思います。今、自分の婚活を振り返って、つくづく感じることです。

私はこうやって結婚しました!

当サイト管理人は2011年2月に婚活を開始、お見合いパーティーや婚活SNSを利用しました。それから半年後に彼女が出来て、紆余曲折があった後、2013年5月に入籍しました。

どうやって、結婚出来たのか、その経緯をまとめています。

 

管理人の婚活体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ