プロフィールは最強の武器

ブライダルネットでパートナー探しに成功するうえで、プロフィールは強力な武器となります。内容の書き方一つで、結果が大きく左右されるといっても過言ではありません。それはプロフィールが相手の女性とあなたをつなぐ最初の接点となるからです。

 

ブライダルネットのような婚活SNSの場合、当たり前の話ですが、お互いに全くの他人、予備情報は何もありません。その状態で相手がどんな人なのか確認するには、プロフィール情報と顔写真以外にはありません。

 

この時点ではプロフィールは、あなたそのものです。内容一つで『良さそうな男性。連絡をとってみよう。』と思われることもあれば、『なんとなくタイプではなさそう。連絡を取るのは止めておこう。』と切られる可能性もあります。

 

プロフィールの書き方については、下記のページを参考にして頂きたいのですが、ここでは作成上のポイントを簡単にまとめておきます。

 

プロフィール作成のポイント1:信頼性

女性が男性に求める最大の要素は安心感です。『この人だったら、連絡先を交換しても大丈夫』と信頼されて初めて関係が進みます。

 

プロフィールをまとめる時には信頼してもらえるように書きましょう。そのために注意すべきことはポイント2とも通じるのですが、丁寧にキチンと書くこと。もちろん敬語です。やる気の無さそうな手抜きの文章だと、まず敬遠されるのがオチです。

 

また、ブライダルネットでは収入証明や卒業証明など、公的証明書を提出することが出来ます。提出可能な証明書は全部で6種類になりますが、提出する証明書が多ければ多いほど信頼性はアップします。

 

収入が人並み以上、大手企業に勤めている、一流大学卒業といった肩書きはPRポイントにもなります。必ず公的証明書でアピールするようにしましょう。

 

ポイント2:丁寧に細かく

趣味や特技、関心を持っていること等、一つ一つの項目を丁寧に書いてください。自己紹介文も、自分の人柄が伝わるようにまとめます。

 

人間は自分と共通点を持つ人に対しては、親近感を覚えるものです。『この人は私と同じ』と思ってもらえるように、あなたのことを細かく書いておきましょう。

 

ポイント3:ウソは書かない

最後に、プロフィールは真実のみを書くようにしてください。ウソを書いて、それで相手と連絡を取れるようになったとしても、いつかはバレます。そして、バレた時にはあなたの信用度はゼロになります。相手の女性とは二度と連絡を取れることはないでしょう。

 

プロフィールには、どんなことでも書けるので会うまでバレることはありません。かといって、適当なことを書いていると、後で痛い目にあいます。

 

欠点になるようなことを隠しておく(書かない)というぐらいであればまだしも、事実と違うことを書くのは完全にNGです。

 

わざわざ自分から失敗するようなものなので、止めておきましょう。

私はこうやって結婚しました!

当サイト管理人は2011年2月に婚活を開始、お見合いパーティーや婚活SNSを利用しました。それから半年後に彼女が出来て、紆余曲折があった後、2013年5月に入籍しました。

どうやって、結婚出来たのか、その経緯をまとめています。

 

管理人の婚活体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ