ブライダルネットだけにはまらない

ブライダルネットを利用している人に対する注意点なのですが、このサービスだけにはまらないようにしてください。女性と出会えるきっかけは世の中たくさんあります。色々な場を利用して、多角的に攻めていきましょう。

 ブライダルネットお見合いパーティー合コン

これは、決してブライダルネットを非難しているわけではありません。私自身、過去に利用してきた人間であり、デートする女性とも出会えたので、サービス内容には満足しています。(私が利用していた頃より、利用料も安くなっているので尚更オススメです。)

 

 

 

ただ、一つの手段だけに絞ってしまうと可能性を狭めてしまいます。今では出会いの場は色々あるので、幅広く活動したほうが成功の確率は高くなります。

 

私の例でいえば、ブライダルネットを利用しながら、お見合いパーティーに参加したり、合コンに行ったりもしていました。社会人サークルの飲み会に参加したこともありましたし、友達つながりでバーベキューをやったりなんてこともしていました。

 

そして結果的に、友達つながりで妻と出会いました。友人の紹介で恋人が出来たなんてことは、人生のなかでもなかったことなので、意外中の意外だったのですが、結論からいえばこんなものです。

 

何がどうなるか分かりません。だからこそ、一つの手段に絞らず、色々なことをしたほうがいいです。

 

ブライダルネットを利用しているのであれば、ほかの婚活SNSは無視していいかも

かといって、ほかの婚活SNSも利用するというのは、個人的にはあまり良いとは思いません。結局、似通った人達が集まるからです。ブライダルネットを利用しているのであれば、ほかのSNSサービスは無視していいのではと思います。

 

それよりも、合コンだったり、それこそ女友達を増やすなど、ブライダルネットとは全く違うことをしたほうがいいです。

 

そのほうが違う層の女性と出会うことが出来ますし、色々な経験をすることで自分を鍛えることも出来ます。

 

特に、この『女性と会う』というのは、とても重要です。

 

婚活SNSの場合、デートをするまではメールでのやりとりとなります。直接、会って話をすることは出来ません。そう簡単にデートをする女性と出会えるわけでもないので、なかなか会う機会を持てません。

 

それだと、どうしてもツキが回ってきません。

 

これはちょっと変な話なのですが、女っ気がない人は、いつまでたっても出会いがありません。出会いを作るには、まずは女っ気のある生活をすることが重要です。

 

そういった意味では、先ほどもちょっと触れた『女友達を増やす』ということも重要で、日頃からどれくらい女性と接しているのかどうかというのが、恋愛にも大きな影響を与えます。

 

ブライダルネットの欠点をあげるとすれば、直接女性と会う機会が少ないということです。そのかわり、タイプの女性をじっくり探すことが出来るというメリットもあります。

 

メリットを活かしつつ、欠点を埋め合わせるには、女性と接する機会を別に設けることです。そういった意味で、ブライダルネットだけにこだわらないことが重要です。

私はこうやって結婚しました!

当サイト管理人は2011年2月に婚活を開始、お見合いパーティーや婚活SNSを利用しました。それから半年後に彼女が出来て、紆余曲折があった後、2013年5月に入籍しました。

どうやって、結婚出来たのか、その経緯をまとめています。

 

管理人の婚活体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ