ハートの仕組みを理解しよう

ブライダルネットではハートという仕組みがあります。ブライダルネットを利用するときには必ず関わってくる仕組みなので、よく理解しておきましょう。お金が絡むことでもあるので、理解が不十分だと損してしまう可能性もあります。

 

ブライダルネットのハート機能とは?

ハートというのは一言でいえばポイントです。サービスを利用する時に消費されます。ブライダルネットの会員になると毎月9ハート(独身証明書を提出していれば12ハート)がもらえます。

 

気になった会員にアプローチして、相手からも気に入ってもらえれば、連絡先の交換をして、やりとりを続けることになりますが、このときに1ハートが必要となります。

 

連絡先の交換に必要なポイントというわけです。1ヶ月12ハートとすれば、連絡先の交換が出来る相手は最大12人ということになります。

 

アプローチして連絡先の交換までに至らなかった時には、ハートは消費されません。減るのはあくまでも成功したときだけなので、そう考えると1ヶ月9ハートでも十分です。(9人と連絡先の交換が出来れば上々ですし、これ以上の人数と同時にやりとりするのは大変で、実質的に不可能です。)

 

ちなみに、残ったハートは翌月に繰り越すことが出来ます。ただし、36ハートが上限で、これ以上残った場合には、自動的に削除されることになります。

 

ハートを必要とする他のサービス

ほかにもハートを使って利用するブライダルネットのサービスに『恋フーセン』という機能があります。

 

これはメッセージを不特定多数の会員に送るという機能です。

 

恋フーセンを利用すると、システム側であなたと相性が合いそうな相手をランダムで選んで、メッセージを届けてくれます。それで、相手が興味を持ってくれたら連絡をもらえるというサービスですが、恋フーセンを飛ばすときに1ハートが必要となります。

 

連絡がきた相手のことを、あなたも気に入ったら、連絡先の交換をしてやりとりを続けるというのは、普通の流れと一緒ですが、ここでも1ハートが必要となります。

 

複数の会員に一斉にアプローチ出来るので便利な機能です。

 

恋フーセンで選ばれる相手は、プロフィールの内容をもとにピックアップされるので、自分のプロフィールをしっかり書いておくことが重要です。

 

ハートを増やす方法

ハートは毎月、自動的にもらう以外にも増やす方法があります。まずはお金を払って購入するという方法。1ハート525円で購入出来ます。(まとめ買いすると単価は安くなります。)

 

ブライダルネットのハート単価

 

もう一つはポイントを変換するという方法です。

 

ブライダルネットでは、異性に『あいさつ(最初のアプローチ)』をしたり、日記を書いたりといった何かのアクションをしたときにポイントがもらえる仕組みになっています。

 

このポイントを500貯めると1ハートに変換できます。ポイントは活動すればするほど貯まりやすくなるので、積極的に活動してください。もちろん、意欲的に動けば、パートナー探しに成功する確率もアップするので一石二鳥です。

 

ブライダルネットで相手をみつけるには、機能を使い倒すことです。そのためにも、ハートの仕組みについては理解を確かなものにしておきましょう。

私はこうやって結婚しました!

当サイト管理人は2011年2月に婚活を開始、お見合いパーティーや婚活SNSを利用しました。それから半年後に彼女が出来て、紆余曲折があった後、2013年5月に入籍しました。

どうやって、結婚出来たのか、その経緯をまとめています。

 

管理人の婚活体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ