ブライダルネットでアプローチする相手の選び方

ブライダルネットの会員になると、興味を持った異性に自由にアプローチすることが出来ます。制限はないので、気になった人であれば誰にアプローチしてもいいのですが、闇雲にメッセージを出しても、うまくはいきません。

 

なるべく、自分と相性が良さそうな人、話が合いそうな人、かつ相手から自分のことを高く評価してもらえそうな人を選択してアプローチすべきです。

 

では、どんな人を選ぶべきなのか?

 

幾つか指針をまとめてみます。

 

指針1:自分と同年代

あまりにも年が離れていると、話は合わないですし、相手から興味を持ってもらいにくくなります。自分と同じ年代の女性を選ぶべきです。前後5歳ぐらいが一つの目安です。

 

あとは、相手の女性の好み次第です。最近では、10歳ぐらい年上の男性のほうが頼もしくて好きといった若い女性もいます。プロフィールに、そういったことを書いている女性であれば、もちろん年が離れていてもアプローチしてOKです。

 

指針2:趣味が一緒

趣味や好みが一緒だと話が合いやすいですし、価値観も似ているので、相性が合う可能性があります。同じ趣味を持つ人には積極的にアプローチしましょう。

 

ちなみに、鋭い方は気がついたかもしれませんが、自分の趣味や特技、好きなことなどをプロフィールに書いておけば、同じ趣味を持つ人から連絡をもらえる可能性もあります。

 

こちらのページでも書いてありますが、プロフィールは手抜きせずにまとめましょう。

 

指針3:共通項がある人

指針1・2、いずれにも言えることなのですが、要は自分と共通点がある人のほうが、うまくいきやすいということです。

 

その代表的なものが年齢・趣味ですが、ほかにも色々あります。住んでいる地域や出身地、出身校、好きな芸能人が一緒だったり、あなたが変わった職種についているのであれば、同じ仕事に就いているということも立派な共通点となります。

 

先ほども触れましたが、共通点があるということは価値観も一緒ということです。考え方や物の見方が一緒の人とは相性が合いやすいので、そういった人を選ぶのがうまくいくポイントです。

 

幸い、ブライダルネットでは相手のプロフィールを細かく確認することが出来ます。相手がどんな人なのか見極めて、自分と共通点のある人を探し出すようにしてください。

 

くれぐれも顔写真だけで選んだりはしないでください。見た目で選ぶのは最もうまくいかないやりかたですし、仮に付き合えたとしても、どこかで破綻する可能性が少なくありません。ここは要注意です。

 

ブライダルネットの『好きな場所』、『日記』機能を活用しよう

ブライダルネットには、日記を書いたり、自分の好きな場所を登録する機能があります。これらの機能も自分と同じ趣味を持つ人を探し出すのに有効なので、積極的に活用しましょう。

 

ブライダルネットのココスキ機能

 

同時に、自分も好きな場所を登録したり、日記とまでいかなくても、『今日は●●をしてました』と写真をアップしたりすると、自分のことを知ってもらいやすいですし、そこで関心を持った人から連絡をもらえる可能性も出てきます。

 

ブライダルネット会員であれば、誰でも無料で使える機能なので要チェックです。

私はこうやって結婚しました!

当サイト管理人は2011年2月に婚活を開始、お見合いパーティーや婚活SNSを利用しました。それから半年後に彼女が出来て、紆余曲折があった後、2013年5月に入籍しました。

どうやって、結婚出来たのか、その経緯をまとめています。

 

管理人の婚活体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ