自己紹介文の書き方

ブライダルネットを初めて利用する時に、一番悩むのが自己紹介文の書き方なのではないでしょうか。登録してみると分かりますが、記入する項目がたくさんあります。年齢や出身地、職業といった一般的な情報以外にも、趣味やライフスタイル、結婚観など盛りだくさんです。

 

ブライダルネットの自己紹介文

 

短く簡素なものではやる気がない適当な男と女性から見られてしまいますし、かと言って長文でビッシリ書くというのも気合いが入りすぎている感じがして、敬遠されがちです。

 

必要なことを網羅しつつ、簡潔にまとめるのがポイントですが、具体的にはどんなふうにまとめればいいのか、注意点をお伝えします。

 

基本的な考え方としては、自己紹介文というのは、自分をアピールするものではなく、自分のことを相手に知ってもらうためのものです。

 

『この人は私と合うかな?』

 

女性は男性との相性を気にしますが、その判断をしやすいように参考情報を伝えてあげるという姿勢です。

 

だから、相手から『この人は合わない』と判断されるのも、またOKです。相性の合わない人を無理矢理その気にさせても続かないので、そこは要注意です。

 

自分と相性が合う相手を探すために書くものと捉えてください。

 

注意点1:常識的な内容にする

ニックネームの設定と一緒なのですが、基本的には常識的な内容にすべきです。ウケ狙いや、あまりにも奇抜すぎる内容だと、女性から敬遠されてしまいます。

 

結婚相手候補となると、やっぱり女性が男性に求めるものは安心感であり、常識的な男性のほうが好まれます。ここは単なる恋愛とは違う点なので、注意してください。

 

ただし、個性が全くないと、ありきたりでつまらない文章となってしまいますし、女性に訴えるものが出てきません。常識的な文章のなかに、ところどころ、自分の個性を出すようにしてください。

 

自分の好きなことや趣味、好きなデートの仕方や休みの日に行うことなどを盛り込むようにすると、あなた自身の色が出て、個性的な文章になります。

 

留学していたといったようなユニークな経歴があれば、そういったことを書くのもいいでしょう。ただし、自慢しているように感じ取られると逆効果なので、そこは謙虚にまとめてください。

 

それから文章は、もちろん敬語ベースです。

 

注意点2:暗い言葉・否定的な言葉は使わない

ネガティブな言葉を使うと、印象が暗くなってしまいます。『そんなこと分かっている』と言われそうなくらい当たり前のことですが、ついやってしまうのが謙遜です。

 

『女性と付き合うのは苦手なのですが、頑張ります。』

 

面と向かって直接言えば、それほど変な印象を与えることはないかもしれませんが、文章で読むと、ちょっと微妙です。

 

自己紹介文にこういったことを書いている男性に対しては、女性は連絡が取りづらくなってしまいます。

 

わざわざ、自分の欠点や短所をプロフィールに書くことはありません。長所や特技、趣味について書いておけば、同じようなタイプの人の関心を惹きつけられるので、それで紹介文としては十分です。

 

注意点3:地域的なことを書く

パートナー候補となる人は、自分と同じ場所に住む人です。最初から遠距離恋愛を狙うという人は、まずいないと思います。相手はご近所さんなわけです。

 

結果的に活動範囲も似てくるので、ローカルな情報を入れたほうが、自分が住んでいる地域をより明確に出来ますし、同じ地域に住んでいる女性は、それを読んだ時に親近感を覚えてくれるので、あなたに対する印象が違ってきます。

 

私の場合、テニスが好きだったので、『週末には、新横浜のテニスコートで、よくプレーしています。』といったことを書いていました。

 

自己紹介文サンプル

仕事柄、付き合う人間が固まってきてしまい、新鮮な出会いがないので、こちらに登録させて頂きました。

 

仕事はIT関係の会社でオンラインショップの運営に携わっています。最近は土日に休めるようになり、体を動かすのが好きで、新横浜のテニスコートで、よくプレーしています。

 

あとは、オイシイものを食べるのが好きなので、ドライブがてらB級グルメを食べ歩いています。最近は伊豆方面やアクアラインを使って、千葉のほうに遊びに行くことが多いです。

 

子供の頃から大の犬好き・猫好きで、今は柴犬を飼っているので、ペットが好きな人とお話出来ると嬉しいです。

 

性格はノンビリ系です。

 

よろしくお願い致します。

 

自己紹介文の書き方が分からなかったら

自分の書いた自己紹介文に自信がなかったら、ブライダルネットのスタッフに確認してもらいましょう。

 

ブライダルネットでは専任スタッフによるサポートが受けられます。私は利用することはなかったのですが、会員ページから自由に相談出来ます。どんな内容でも大丈夫なはずなので、ぜひ利用してみてください。

ブライダルネットの問い合わせフォーム

私はこうやって結婚しました!

当サイト管理人は2011年2月に婚活を開始、お見合いパーティーや婚活SNSを利用しました。それから半年後に彼女が出来て、紆余曲折があった後、2013年5月に入籍しました。

どうやって、結婚出来たのか、その経緯をまとめています。

 

管理人の婚活体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ