プロフィール作成のポイント

ブライダルネットのような婚活SNSで恋人を見つけたいのであれば、プロフィールは非常に重要でです。

 

婚活サイトの場合、最初はメールでのやりとりとなりますが、女性からすれば知らない人間からアプローチされるわけですから、相手がどんな男なのか気になるのが自然な反応です。

 

信頼出来る人なのかどうか、連絡先を交換して大丈夫なのか

 

色々と悩みますが、それを判断する材料としては、婚活サイトの場合、プロフィールしかありません。直接会って話をすることが出来ないため、プロフィールに書かれた情報と顔写真で判断するしかありません。

 

ここで『あまり、いい人では無さそう』、『自分のタイプではない』と判断されたら、まず返信してもらえません。やりとりをするうえで、ここが最初のハードルとなるわけですが、ここまで読んだら、プロフィールの作成を手抜きするわけにはいかないということが理解出来るでしょう。

 

とは言っても、プロフィールの作成というのは決して難しいことではありません。当たり前のことを実行するだけでいいのですが、それすら実行していないという人が少なくありません。

 

わざわざ、お金をかけて利用しているのに、本当に相手をみつける気があるのか、本気度を疑ってしまいますが、こんな人が多いからこそ、まともなことをすれば、それだけであなたは有利な立場に立てます。

 

面倒くさがらずに、キチンと丁寧にまとめていきましょう。これも誠実さの一つであり、女性から評価されるポイントです。

 

プロフィール作成のポイント

では、ここからプロフィールを作成する時のポイントをお伝えしていきます。女性から好感を得るうえで必要なことに絞ってお伝えしますので、是非参考にしてください。

 

ポイント1:項目は全て記入する

プロフィールにまとめる項目は年齢や住所、学歴といった個人情報に関するものと、趣味や特技といったその人の個性に関するものに分かれます。

 

必須項目と任意項目に分かれるので、記入が義務づけられているわけではないのですが、全て記入することをオススメします。公開出来る情報は全て公開するというのが基本です。

 

プロフィールは、あなたを知るうえで大切な情報です。これがなければ、誰もあなたという人間を知ることが出来ないですし、それでは信頼を得ることも出来ません。

 

ブライダルネットの男性会員のなかには無記入で『仲良くなったら教えます』と書いてあるような人もいますが、こういった人は、女性にアプローチしても、まず失敗します。

 

たださえ、ネットの出会いとなると不安を感じる女性が多いのですから、これでは疑いの気持ちが強くなり、まず敬遠されて終わりです。

 

仮に、あなたがイケメンでも一緒です。男性の場合、見た目だけで勝負するのは、まず無理です。女性が見た目に引かれるのも、その男が怪しくないという安心を感じてこその話なので、ここは気をつけてください。

 

趣味なども、出来るだけ細かく書くのがコツです。

 

ポイント2:プロフィールにつけるニックネームは無難に

ブライダルネットでは本名ではなく、ニックネームでやりとりを行います。

 

ニックネームはどんなものでも大丈夫なのですが、何気なくつけてしまうと失敗します。ニックネーム一つで、相手に対する印象が大きく違ってくるからです。

 

奇をてらったものにすると、それだけで引かれることもあります。無難で常識あるものにしておきましょう。基本的には、自分の名前をカタカナで書いておけばOKです。

 

孝弘(たかひろ)だったら、『タカ』もしくは『タカヒロ』、裕太(ゆうた)だったら、そのまま『ユウタ』といった感じです。

 

ただし、ブライダルネットは同じニックネームを複数の人が使用することは出来ないので、すでに取られている可能性もあります。そのときには『タカヒロ0』というふうに適当な数字を組み合わせたり、『■タカヒロ』というふうに印をつけたりするようにしてください。これは、他の会員さんでもよく使っているやりかたです。

 

ポイント3:各種証明書は提出しておく

ブライダルネットでは、本人証明以外に、勤務先証明や収入証明など、5種類の公的証明書を提出することが出来ます。これらも全て出しておいたほうが女性からの信頼性がアップします。

 

詳細は、こちらのページをご確認ください。

 

ポイント4:プロフィール写真は気合いを入れすぎない

プロフィールにアップする顔写真は、重要なPR材料です。自分で撮ったような写メは片手間感が出て、信頼性が薄くなるので止めたほうがいいです。

 

かと言って、街の写真館で撮影した、いかにもお見合い写真といった画像も、気合いが入りすぎていて、ちょっと微妙です。

 

写メよりは良いと思いますが、あまりよろしくはありません。

 

ベストなのは、旅行に行った時の記念写真といった感じです。こういったものがなければ、公園で友達に撮影してもらうなどしましょう。

 

明るい雰囲気のところで撮影したほうがいいです。

 

ポイント5:女性に対する条件は緩めに設定する

ブライダルネットでは、相手の女性に希望する条件を設定することが出来ますが、厳しく設定すると、女性からの反応が悪くなります。

 

たとえば、自分の年齢が40歳なのに、相手の年齢条件を25歳~30歳と設定すると、『自分のことを棚にあげて・・・』と悪印象を持たれがちですし、こうなると条件に当てはまる女性からすら敬遠されてしまいます。

 

その反面、無条件というのも、何も考えていない・真剣に活動していないと思われがちなので、これもNGです。

 

常識的な範囲内で設定しましょう。

 

主な項目の記入例をまとめておきますので、参考にしてみてください。

 

■【年齢】25歳~35歳

■【体型】問わない

■【身長】問わない

■【結婚歴】問わない

■【子供の有無】問わない

■【結婚への意向】良い人がいたら結婚したい、わからない

■【子供がほしい】はい、わからない

■その他、{問わない以外の項目}

■【タバコ】吸わない

■【性格・タイプ】優しい・素直

 

当たり障りがない感じで設定するのがポイントです。これで、仮に自分の希望に沿わない女性から連絡が来たとしても、そのときには断ればいいだけなので問題なしです。

 

ただし、わざわざ女性から連絡をしてくれたのですから、相手を傷つけないように丁寧に断るようにしてください。

 

プロフィール作成まとめ

色々とやるべきことがありますが、プロフィールの設定は一度だけのことなので頑張ってください。

 

最後にプラスアルファのアドバイスですが、ブライダルネットには、プロフィールと合わせて自分の日記を書ける機能がついています。

 

この機能を利用して、たとえば、旅行に行った時の写真やペットの写真など、あなたの趣味や生活内容が分かるような写真をアップするといいです。これだけでも目立ちますし、同じ趣味を持っている人とつながりやすくなります。

 

ブライダルネットのプロフィール

Facebookのような感じですね。毎日投稿する必要はありませんが、時々は投稿して自分をアピールしましょう。

私はこうやって結婚しました!

当サイト管理人は2011年2月に婚活を開始、お見合いパーティーや婚活SNSを利用しました。それから半年後に彼女が出来て、紆余曲折があった後、2013年5月に入籍しました。

どうやって、結婚出来たのか、その経緯をまとめています。

 

管理人の婚活体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ