プラチナメンバーとビジターメンバーの違い

ブライダルネットのサービス体系をみると、プラチナメンバーとビジターメンバーという言葉が出てきます。

 

プラチナメンバーというのは、入会費を払ってブライダルネットに入会したメンバーを指します。入会期間中は、毎月一定の月会費を払うことになります。月会費以外に発生する料金はなく、全てのサービスを好きなだけ利用することが出来ます。

 

一方、ビジターメンバーというのはお試し会員といった位置づけで、入会費・月会費が発生しません。他の会員に連絡を取るときに1回あたり1050円の利用料が発生するという料金体系です。

 

連絡を取る回数が少なければお得、回数が増えれば利用料も増えるので、プラチナメンバーよりも損をする。そんな料金プランです。

 

ただ、2012年12月現在、ビジターメンバーの募集は停止となっています。再開の予定もないようなので、今のところ、ブライダルネットは実質的にプラチナメンバーだけということになります。

 

気軽に試してみたい人にとっては、ビジターメンバーは格好の料金プランなので、ちょっと残念です。

 

プラチナメンバーコースの概要

プラチナメンバーとなった人は自由にシステムを使うことが出来ますが、一つだけ縛りがあります。それは、異性会員に連絡を取る回数です。

 

ブライダルネットにはハートというシステムがあります。ポイント制度のようなものですが、異性会員に連絡をとったときに、相手から連絡先交換のOKをもらった時には1ハート消費されるというシステムとなっています。

 

プラチナメンバーには毎月9ハートが付与されるので、1ヶ月に連絡先を交換出来る人数は9人までとなります。

 

そう簡単に連絡先を教えてもらえることはないので、9ハートもあれば十分なのですが、上限があるので、誰でもいいやと手当たり次第にメールを送るなんてことをすると、真剣に連絡を取りたい相手がみつかった時にハートを使い切ってしまって、アプローチ出来ないなんてこともあり得ます。

 

十分に注意して利用してください。

 

ちなみに、連絡先交換後に、相手とやりとりをするときにはハートは必要ありません。いくらでも自由にやりとりすることが出来ます。

 

ブライダルネットのハート機能に関する補足

最後に、このハート機能ですが、追加料金を支払えば購入することも出来ます。1ハート525円で最大36ハートまで所有することが出来ます。(まとめ買いをすると、単価が安くなります。)

 

ブライダルネットのハート料金

 

また、ビジターメンバーもハートを購入しながら利用することになりますが、プラチナメンバーよりも必要となるハート数が多くなるので、本格的に活動するとなると割高になります。

 

(先ほどの他の会員に連絡を取るときの利用料が1050円というのは、2ハート必要という意味になります。プラチナメンバーの倍、必要となる計算です。)

 

ほかにもブライダルネットには相手にアプローチするための手段が用意されており、そこでもハートが必要となることがあります。色々と複雑なので、また違うページでまとめてみます。

私はこうやって結婚しました!

当サイト管理人は2011年2月に婚活を開始、お見合いパーティーや婚活SNSを利用しました。それから半年後に彼女が出来て、紆余曲折があった後、2013年5月に入籍しました。

どうやって、結婚出来たのか、その経緯をまとめています。

 

管理人の婚活体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ