話し下手の人は事前にメールで仲を深めておく

彼女が出来ない、恋人が出来ないという男性だと、話し下手の人が少なくないと思います。私も昔はそうでした。男やおばさんが相手であれば普通に話せるのですが、若い女の子、特に自分の好みのタイプの女性が相手となると、全く話せなくなりました。

 

緊張で頭が全く働かなくなるという状態ですね。何度も顔を合わせて慣れてくれば、少しずつ話せるようにはなりますが、初対面からスムーズに話すなんてことは100%無理でした。緊張して女性と話せない男性

 

でも、これでは恋愛は不利です。合コンでもお見合いパーティーでも、最初の印象が大切なので、ここで何も話せなかったらアウトです。『おとなしくしている様子が、逆にこの人は誠実なんだなと感じた』なんて思ってくれる女性は、漫画や小説のなかだけです。

 

まず、こんなことはありません。コミュニケーションが出来なかったら、その時点で恋愛対象から外れます。

最初から長年の友達のように会話するというのは無理にしても、必要最低限な会話は出来るようにならなければ、パートナーをみつけるのは厳しいです。

 

ブライダルネットは話し下手の人間にとっては有り難い場

その点、ブライダルネットは、最初はメールのやりとりから始まるので、口べたの人間からすると有り難い存在です。メールであれば、ゆっくり考えて書くことができるので、コミュニケーションが苦手でも何とかなります。

 

また、女性と実際に会うまでにもメールのやりとりをすることになるので、ここで色々なことを話して、距離を縮めておくことが大切です。同時に、やりとりの中から、話が盛り上がりそうな話題を探し出しておくことも重要です。

 

ブライダルネットのメールコミュニケーション

デートの約束を取り付けることが出来たぐらいであれば、必ず相手との共通点(趣味が同じなど)があるはずなので、それを話題に出来るようにネタを膨らませておきましょう。

 

映画が共通の趣味だったら、最新の映画情報を調べたり、今まで自分が好きだった映画を改めて思い出したりといった感じです。

 

こんな感じでネタを幾つか用意しておけば、会話には困らないと思います。

 

相手に話し下手とは言わない

これは私の個人的な失敗談なのですが、自分が話し下手というのは女性には言わないほうがいいです。

 

『緊張している時には緊張していると言ったほうがリラックス出来る』と本で読んで実際に試してみたのですが、相手も緊張している時だと、かえって空気が悪くなります(;^_^

 

女の子の緊張をほぐす意味で『緊張しているでしょ』と笑って突っ込むといったことであればいいのですが、男が自分のことを『緊張している』と言うのは、あまりよろしくないような気がします。

 

呼吸で緊張をほぐす

最後に、プチテクニックですが、人間はゆっくり呼吸をすると気持ちが落ちつくようになっています。緊張しているなと思ったら、鼻から息を吸って吐いて・・・ということを数秒かけてやると気持ちがほぐれてきます。

 

7秒息を吸って、7秒吐いて・・・といった感じです。自分の呼吸を意識するということ自体、気持ちを落ちつかせる効果があるので、会う前やトイレに行った時など、一人の時に何回か行うといいです。

 

深呼吸

私はこうやって結婚しました!

当サイト管理人は2011年2月に婚活を開始、お見合いパーティーや婚活SNSを利用しました。それから半年後に彼女が出来て、紆余曲折があった後、2013年5月に入籍しました。

どうやって、結婚出来たのか、その経緯をまとめています。

 

管理人の婚活体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ