失敗を気にしない

ブライダルネットだけの話ではありませんが、婚活を始めてパートナーを見つけたいのであれば、失敗すること、女性から振られることを気にしないでください。この気持ちを持てるかどうかが成功と失敗の分かれ目です。

 

失恋

 

私がブライダルネットを利用していたのは約4ヶ月間ですが、その間の戦績はこんな感じです。

 

アプローチした人数(あいさつを送った人数):18

メールの返信があった人数(ちょい話そうに進んだ人数):11

やりとりが3回以上続いた人数(もっと話そうに進んだ人数):5

実際に会うことが出来た人数(デートに成功した人数):2

 

18人にアプローチして、デートまでたどり着けたのが2人だけ。10人中1人ですから勝率1割です。10回中9回も失敗していますが、これってまだ良いほうだと思います。

 

ブライダルネットのような婚活SNSを利用している男性の場合、50人にアプローチしてやっと一人から返事をもらえたなんてことも珍しくありません。

 

これが実情なので、極端なことをいえば失敗するのが当たり前なわけです。これは誰でもそうなので、イチイチ気にしていても仕方がありません。こんなものなんだなと良い意味で開き直って、気にせずに取り組むことです。

 

1ヶ月に1回ぐらいはブライダルネットでの活動を振り返ろう

ただ、何らかの原因があり失敗が続いている可能性もあります。その場合、原因を改善しなければ、いつまでたっても上手くいくことはありません。

 

そのため、定期的に自分の行動を振り返り、何か改めるべきことがないかチェックするようにしましょう。

 

私の場合、合コンでの話なのですが、メルアドの交換まではスムーズに行くけど、どうもそこからうまくいかず、メールを送っても音信不通で終わってしまうということが続いたので、合コンでの話がダメなのか、もしくはメールの送り方がダメなのかと思い、女性相手の話し方について勉強したことがあります。

 

その結果、メールが続くようになった・・・・なんてことは、すぐにはありませんでしたが、少しずつ女性とのやりとりを続けられるようになりました。

 

恋愛の場合、失敗する確率が高いので、あまり短いサイクルで振り返ると嫌になってしまうので逆効果ですが、1ヶ月に1回くらいはこんな機会を持ったほうがいいでしょう。失敗

 

そして、振り返った時には、『今まで通りで良し』ではなく、必ず何か、それまでとは違うことをするようにしてください。それは行動でもいいし、服装でも何でもOKです。何らかの形で自分を変えていけば、それが積み重なれば大きな変化となります。

 

幸い、ブライダルネットは女性に振られたとしても当人以外、誰もその事実を知ることはありません。安心して失敗出来ます。どんどん行動しましょう!

私はこうやって結婚しました!

当サイト管理人は2011年2月に婚活を開始、お見合いパーティーや婚活SNSを利用しました。それから半年後に彼女が出来て、紆余曲折があった後、2013年5月に入籍しました。

どうやって、結婚出来たのか、その経緯をまとめています。

 

管理人の婚活体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ