ブライダルネットの日記機能を活用しよう

ブライダルネットには、会員同士がお互いのことを良く知るためのツールが用意されています。それが『ここスキ!』機能と『みんなの日記!』機能です。

 

ブライダルネットの『ここスキ!』機能とは?

『ここスキ!』機能というのは、自分が好きな街やお店、観光スポットを登録する機能です。

 

お気に入りの場所を登録すると、下記のような感じでマップ上に登録されます。ここでは、ほかの人が登録しているスポットも確認できます。

 

ブライダルネットのここスキ!機能

たとえば、下記の図ではパシフィコ横浜をお気に入りスポットとして登録している人が3名います。

 

ここスキ!機能

詳細をクリックすると、登録している会員の詳細情報が確認出来るので、連絡を取ることも可能です。

 

好きな場所が一緒ということで、話のキッカケが掴みやすいですし、『今度、遊びに行きましょう』とデートにも誘いやすくなります。

 

ブライダルネットの『みんなの日記』機能とは?

『みんなの日記』機能というのは、興味や関心・趣味が似ている人を探す機能です。下記のように特定のカテゴリーやキーワードを設定して、相手を検索します。

 

ブライダルネット日記検索機能の画面サンプル

 

そうすると、そこに引っかかっている人がリストアップされるというわけです。

 

ちなみに、『みんなの日記』機能は会員の日記を対象として検索をかけるので、日記を書いていない人は引っかかりません。そのため、1週間に1回程度でもいいので、日記を書くことをオススメします。

 

一言コメントでもOKです。写真を投稿するようにすれば、なお良しです。Facebookに投稿するような感覚で利用すればいいと思います。

 

ちなみに、ブライダルネットの日記機能はFacebookと同じように『いいね!』ボタンがあります。

 

ブライダルネットの日記機能

Facebookを利用している人であれば分かると思いますが、自分の投稿に『いいね!』が押されると嬉しくなりますし、『いいね!』を押してくれる人に対しては親しみを覚えるものです。

 

そこで、気になる人がいたら『いいね!』を押すようにしましょう。また、自分の日記に『いいね!』を押してくれた人は、あなたに関心を持ってくれている人なので、もし自分の好みに合う人だったら、メッセージを送ってみましょう。

 

これがきっかけで、うまくつながるかもしれません。

 

恋フーセン機能も活用してみよう

『ここスキ!』機能、『みんなの日記機能に似た機能が『恋フーセン』という仕組みがあります。

 

これは不特定多数の会員に対してメッセージを送る機能です。フーセンを飛ばすと、一緒の趣味を持つなど、共通点がある人にランダムに届きます。

 

相手が恋フーセンを受け取ると、そこから3日間だけメッセージ交換が出来る『ちょい話そう』がスタートします。これで意気投合したら、本格的にメッセージのやりとりをするという機能です。

 

恋フーセンを飛ばす時には1ハートが必要ですが、『ちょい話そう』については無料です。

 

相手にアプローチして返事がないと、ハートは消費されないまま残ります。毎月9ハート(独身証明を提出していると12ハート)積み上がるので、うまくいかないと、どんどんハートは貯まります。

 

36ハート以上は繰り越し出来ないので、余りがちの時には、積極的に恋フーセンを飛ばしてアプローチするのもオススメです。

 

こんなふうにブライダルネットには、マッチングを成功させるためのサポート機能が充実しています。これらを最大限に活用することが婚活に成功するためのポイントです。

私はこうやって結婚しました!

当サイト管理人は2011年2月に婚活を開始、お見合いパーティーや婚活SNSを利用しました。それから半年後に彼女が出来て、紆余曲折があった後、2013年5月に入籍しました。

どうやって、結婚出来たのか、その経緯をまとめています。

 

管理人の婚活体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ