ブライダルネットに入会したら、まずは1ヶ月使い倒そう

ブライダルネットを利用した経験から思うことなのですが、申し込みを終えてアカウントを取得したら、すぐに女性会員のプロフィールを確認して、自分の好みのタイプの女性がいるかどうかチェックしたほうがいいです。

 

もしかしたら、自分が理想とするタイプの女性がいないかもしれないからです。ブライダルネットに登録している女性は非常に多いのですが、かといって自分の好みのタイプが必ず在籍しているとは限りません。

 

ブライダルネット

 

ブライダルネットは会費制なので、一度申し込みをしたら1ヶ月は使わないと損ですが、その間に徹底的に調べて、アテが外れた場合には、すぐに退会処理をしましょう。そうすれば、会費をムダに使うことなく最低限の出費で済みます。

 

なお、本人確認を終えないと、女性の詳細プロフィールを見ることが出来ないので、すぐに書類を提出するようにしましょう。

 

ブライダルネットに入会したら、1ヶ月は使い倒す

婚活の手段は色々ありますが、どういったものが自分に合っているのかは試してみないと分かりません。ブライダルネットのような婚活SNSとはウマが合わないという結果になる可能性もあります。

 

その場合には、すぐに解約して、また違う方法で婚活する必要がありますが、向き不向きを見極めるには、徹底的に使ってみることです。

 

プロフィールをチェックして好みの女性をみつけて、『あいさつ』(最初にアプローチすること)を送る。

 

ここまでだったら、すぐに出来ます。『あいさつ』は1日10人まで送ることが出来るので、気になる女性がいたら、どんどん送ってみて反応があるかどうか確かめてみてください。

 

1ヶ月利用して、女性から反応がないとなったら、正直なところ、ブライダルネットでうまくいく可能性は低いと判断せざるを得ません。

 

はっきりとした原因は分からないとしても、少なくても婚活SNSに登録するような女性からは、高く評価されないということなので、活動を続けても、うまくいく可能性はほとんどありません。

 

これは、あなたが悪いのではなく、あくまでも向き・不向きの問題です。ブライダルネットのような婚活SNSとは合わないという人もいます。

 

見た目は怖くて敬遠されがちだけど、話してみると穏やかで好印象を持たれることが多い

 

たとえば、こんな男性の場合、見た目で判断せざるを得ない婚活SNSでは不利です。それよりも、面と向かって会話が出来るお見合いパーティーや、ジックリ話が出来る合コンのほうが向いています。

 

ブライダルネットに見切りをつける基準

何事も最初からうまくいくわけがないので、失敗したからといって、それでダメだと思う必要はありません。特に恋愛の場合、失敗してナンボという側面もあります。

 

かといって、自分に向いていない方法に固執するのも時間とお金のムダです。ブライダルネットの場合、『あいさつ』100人を一つの基準にすればいいのではと思います。

 

100人にアプローチして1人ともデート出来ないようでしたら、向いていないと思ったほうがいいです。その場合にはブライダルネットでの出会いは諦めたほうがいいでしょう。

 

100人というのは多いと感じるかもしれませんが、1日10人にアプローチするとしたら10日間で済みます。そこからやりとりが進んだとして、1ヶ月もあれば状況は見えてきます。

 

そういった意味でも、まずは1ヶ月徹底的に利用して、ブライダルネットとの相性をチェックしてみる。こんな使い方がオススメです。

私はこうやって結婚しました!

当サイト管理人は2011年2月に婚活を開始、お見合いパーティーや婚活SNSを利用しました。それから半年後に彼女が出来て、紆余曲折があった後、2013年5月に入籍しました。

どうやって、結婚出来たのか、その経緯をまとめています。

 

管理人の婚活体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ