ブライダルネットって、本当に使える? ~利用者の本音~

ブライダルネットは個人的にはお気に入りのサービスなのですが、誰もが利用して、同じように良かったと思えるとは限らないと感じています。

 

利用しても彼女(パートナー)が出来ないという結果に終わる男性も少なからず出てくるのではというのが、正直な感想です。
ブライダルネット

 

私の個人的な意見なので、正しいとは限りませんが、こういったマイナスの意見が参考になる人も多いと思います。ネットで検索すると、ブライダルネットを褒めているサイトばかりなので、あえて耳障りの悪いことを書かせて頂きます。

 

 

プロフィールでPR出来る材料がない男性は厳しい

私はブライダルネットの強みの一つは、プロフィール機能だと思っています。内容を綿密に書けるのはもちろんのこと、他社と違い、公的証明書で内容の裏付けを取る仕組みを導入しているなど、信頼性の高い体制となっています。

 

たとえば、婚活サービスの大半はノーチェックなので、年収1000万円とウソを申告するようなことも出来ます。実際、職業や収入をごまかして女性を騙す人、なかには結婚しているのに独身と偽るような人もいるそうです。

 

2チャンネルをみると、何人も女性を騙している悪名高い有名人もいるらしく、IDが公開されています。

 

しかしながら、ブライダルネットの場合、収入証明書や独身証明書、勤務先を証明出来る書類(源泉徴収票等)で確認をする仕組みを設けているので、デタラメを記載することは出来ません。

 

これらの証明書の提出は任意なので、偽ることも出来るのですが、証明書を提出した人は、プロフィール欄で提出したことが分かるようになるので、女性からの信頼がアップします。

 

そのため、高収入だったり、安定した職業に就いている人は強力にアピールすることが出来ます。逆にいえば、収入が低かったり、定職に就いていない人は著しく不利な立場におかれます。

 

このようにプロフィールでPR出来る材料があるかどうかというのは、成功出来るかどうかの大きな分かれ目となります。

 

ちなみに、プロフィールでPR出来る項目というのは、決して収入や勤務先・学歴だけではありません。

 

身長・体重といったスタイルの良さ&外見、趣味、特技なども女性を惹き付けるポイントとなります。特に共通の趣味があるというのは仲良くなるキッカケになるので、何か好きなことや熱中していることがある人は書いておくべきです。

 

一昔前だったら、敬遠されていたオタクすら、好きという女性が出てきている時代なので、何でも書いておくべきです。

 

もし、こういったことも含めて、プロフィールに書くことが見当たらないという人は、ブライダルネットのようなマッチングサービスで結果を出すのは厳しいと思います。最初のキッカケを掴むことが出来ないので、よほど数をこなさないと、メールのやりとりをしてくれる人をみつけることすら出来ないかもしれません。

 

メールでのコミュニケーションが下手

ブライダルネットでは、気になる相手がみつかったら、まずメールでアプローチするシステムとなっています。そこで、相手があなたとメールのやりとりをしてもいいと思ったら、返信をもらえます。

 

この後は、普通にやりとりをして、お互いがいいなと思ったら会うことになりますが、それまでには数回のやりとりを重ねるのが普通です。期間的にも最低1ヶ月ぐらいは必要です。

 

ここでメールでのコミュニケーションに慣れていないと、やりとりが続きません。

 

『たかが、メールじゃん?』

 

こんなふうに思った人は要注意です。メールでのやりとりというのは、実は難易度が高いものです。ちょっとした言葉の使い方で、相手に与える印象が大きく違ってきます。

 

面識のない女性と親しくなり、会う約束をメールだけでするというのはメールが苦手という人には厳しいと思います。

 

そういった人はブライダルネットのようなマッチングサービスの利用は避けておいたほうがいいでしょう。

 

あえてブライダルネットを試してみる場合には

プロフィールとメールコミュニケーション

 

これがブライダルネットのようなマッチングサービスで成功するための重要ポイントです。ここがダメという人は厳しいというのが正直な意見ですが、それでもあえて試してみるという考えもアリだと思います。

 

何事もやってみないと分からないですし、特にメールのやりとりは、経験を積めば上達する可能性が十分にあります。

 

プロフィールに関しても、趣味・特技であれば、これから身につけることも出来るので、対処のしようはあります。

 

ただし、そうはいっても、失敗のリスクが大きいのも事実です。そのため、試してみるという場合には、年会費を一括払いで払うのではなく、月払いにしておきましょう。

 

そうすれば、無理だと思ったときに、すぐにやめることが出来ます。月払いだと、多少割高になりますが、それでも月4000円ですから、それほど痛い出費ではありません。合コン1回分と思えば、安いものです。

 

こういった考え方で、とりあえずブライダルネットでの婚活に挑戦してみるというのであれば、オススメです。尚、メールコミュニケーションに関しては、本が色々と出ているので、そういった本を読んで勉強しておくといいと思います。

私はこうやって結婚しました!

当サイト管理人は2011年2月に婚活を開始、お見合いパーティーや婚活SNSを利用しました。それから半年後に彼女が出来て、紆余曲折があった後、2013年5月に入籍しました。

どうやって、結婚出来たのか、その経緯をまとめています。

 

管理人の婚活体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ