ブライダルネットに登録しても、うまくいかない理由

出会いがない。でも結婚したい、彼女がほしい! 何とかならないかと思ったら、相手を探せるサービスを見つけた。内容を見てみると、自分にもいけそう。 『よし、これなら!』・・と、こんな感じでブライダルネットに申し込みをする人が少なくないと思います。ブライダルネット

 

そういう私自身もそうたっだので、人のことは言えないのですが、そう簡単にうまくいくわけではありません。期待していたのもつかの間、何度アプローチしても、うまくいかず、だんだん凹むものです(;^_^

 

私の場合、結果的にブライダルネットで相手をみつけるまえに、自然に彼女が出来て退会しました。でも、ブライダルネットでも、デートまで出来たこともありますし、決して感触は悪くなかったです。そのまま続けていたら、うまくいったかなとも思います。

 

でも、やっぱり簡単ではないのも事実。

 

そこで、なぜうまくいかないのか、うまくいくにはどうすればいいのか

 

私なりに感じたことをお伝えします。個人的なブライダルネット成功法と思ってください。

 

お見合いは確率論の世界ということを覚えておく

その前になのですが、婚活とかお見合いといったものは、元々成功確率が低いものという事実を覚えておいてください。

 

これは結婚相談所に勤めていた人から聞いた話ですが、登録者のなかで結婚まで辿り着くのは10%程度なのだそうです。また、結婚するまでには平均15人ぐらいの人と対面するそうです。

 

結婚となると、色々なことを考えるので、そう簡単に『この人』とはいかず、男でいえば、高年収のイケメンで、性格が爽やかといった人でも、すぐには決まらないということです。

 

まして、一般的なスペックの男なら尚更ということですね。世の中、甘くはないということです。

 

でも、これって恋愛でも一緒です。狙った女は必ず落とせる、常に彼女がいるといった男性は、そういるものではありません。たいていの男は、一人の彼女を作る前には、何人にも振られているものです。

 

だから、アプローチの数が一定数必要というのは、普通のことです。これは悲観的な話ではなく、恋愛相手・結婚相手をみつけるのは、そもそもこれだけのことをしなければいけないんだよというお話です。

 

ちなみに、多くの人にアプローチすれば、一人ぐらいは応じてくれるのも事実です。そのため、最終的には、めげずにうまくいくまでアプローチを続けるというのが、最も確実な成功論となります。

 

つまらない話かもしれませんが、これも事実です。

 

プロフィールの条件

この前提で話を進めますが、ブライダルネットのようなマッチングサービスに登録してうまくいかないというのは、大きく分けて二つの状態に分かれます。

 

女性にアプローチしても返事がこない状態、返事が返ってきて、メールのやりとりは出来るんだけど、そこから先が続かないという状態です。

 

まず、アプローチした女性から返事をもらうというのが最初のハードルとなりますが、ここでうまくいかない理由は、十中八九プロフィールです。

 

相手の女性は、あなたのプロフィールを見て、返事するかどうか判断します。返事がないというのは、プロフィールに魅力がないということです。

 

プロフィールは率直に言えば、あなたのスペックです。年齢、収入、勤務先、学歴、身長、体重、趣味、特技、etc

 

これらで何も響くところがなかったということです。

 

現実的な話をすれば、収入・勤務先・学歴については、人並みのレベルは必要だと思います。それ以下だと、趣味や特技で、よほど人を惹きつけるものがないと無理です。年収200万とか、フリーターといったことでは、婚活サービスで相手をみつけるのは厳しいです。

 

婚活サービスを利用する女性は、結婚を意識しているだけに、男性に対して厳しい目を持っていると思ってください。

 

ただ、年収1000万とか上場企業勤務のエリートサラリーマンといった、一昔前の3高みたいなことを男性に求めている女性は少ないので、必ずしも人並み以上である必要もありません。

 

もちろん、人並み以上だったら有利なのは間違いないですし、そういった人は自分の武器として利用すべきですが、不景気な今の時代、そんな夢のようなことを求めている女性ばかりではありません。そこは現実感覚がある女性が揃っているので大丈夫です。

 

収入や仕事で条件をクリア出来たら、PR材料となるのは趣味です。何もないという人は、これから作るぐらいの意欲は必要です。趣味つながりは強いです。

 

女性相手のメールコミュニケーションが下手

ブライダルネットでは、気に入った相手がいたら、まずメールで連絡するという仕組みになっています。相手もあなたを気に入ってくれたら、やりとりをすることになりますが、これらはまずはメールです。

 

ここから電話番号を交換したり、直接会ってデートしたりといったことが出来るかどうかは、全てやりとり次第です。

 

女性とメールの交換まではいくけど、そこから先がつながらないという場合、原因はメールコミュニケーションにあると考えて間違いありません。一言でいえば、メールが下手ということです。

 

下手と一口に言っても、原因となる理由は色々ありますが、共通して言えるのは、距離感の取り方が下手ということです。女性が引くぐらい最初から馴れ馴れしかったり、逆に、十分に関係が暖まっているのに、一方を踏み出せず、女性が諦めてしまうといった感じです。

 

メールのやりとりが1~2往復で終わってしまう人は前者、しばらくやりとりが続いた後、関係が途切れてしまう人は後者だと思います。

 

もちろん、相手の女性は同時に複数の男性からアプローチされている可能性が大きいので、単純に、あなた以外の男性を選んだという可能性もあります。(マッチングサイトに登録したことが女友達に聞いたことがありますが、メールが1日10通以上届くのが普通なのだそうです。)

 

こういった事情もあるので、うまくいかないからと言っても、すぐに自分に問題があると思う必要はありません。たまたまです。

 

しかしながら、5人・6人と続けて同じような結果になるようでしたら、それは問題を抱えていると考えたほうがいいです。

 

メールでのコミュニケーション方法は、勉強することで誰でも上達出来ることですし、メールで返事をもらえるというのは、興味を持たれる存在であることの裏返しなので、それだけに下手というのは、もったいないです。

 

頑張って勉強して、メールの達人になりましょう! それがブライダルネットで成功する秘訣です。

  

相手に高望みをしている

最後に、これは身も蓋もない話となりますが、自分に分不相応な相手ばかりにアプローチしているので、うまくいかないということです。

 

何をもって分不相応とするのかは判断が難しいのですが、簡単にいえば、自分がよほどいい男でない限り、いい女に声をかけても失敗する確率が高いですよということです。

 

だからといって、相手に妥協しなさいということを言いたいのではありません。そんなことをして、相手をみつけたところで、嬉しくも何ともないでしょう。

 

出来れば、この事実を受け入れたうえで、いい女と釣り合うように、自分自身を少しでも高められるように努力していきましょう。結果的に望みの女性を落とせなかったとしても、自分の魅力がアップすれば、それだけ恋のチャンスは広がります。

 

また、こんなふうに努力すれば、仕事など様々なことでプラスとなります。女にモテタイという欲求は男にとって何よりも強いものなので、この力を活かせば、自分自身を大きく成長させることが出来ます。

 

どうせなら、自分にプラスになるように活用したいところです。

 

もう一つ、イイ女にアプローチを続けていれば、失敗が続く可能性が高いということを頭に入れておけば、失敗してもそれほど凹むことがなくなります。

 

そうすれば、すぐに気持ちを切り替えて、次の相手に視線を向けることが出来ますし、そうやって何人にもアプローチすれば、いつか一人ぐらいは振り向いてくれます。

 

恋愛って、最終的に確率論的なものにもなるので、それなりの人数に声をかければ、嫌でもうまくいきます。ですから、失敗を気にせず、どんどんアプローチするというのも立派な手段です。

 

ブライダルネットの長所を活かした婚活成功法

ブライダルネットの良いところは女性会員数が多いこと、複数の女性にアプローチすることが可能ということです。そう考えると、失敗を恐れず、どんどんトライしたほうがいいです。

 

何度も繰り返せば、コツもつかめてきます。ブライダルネットの場合、月8人までだったら、追加料金なしでアプローチすることが出来たはずなので、半年で50人です。これぐらいの人数に声をかければ、間違いなく1~2人とはデートが出来るところまでいけます!

 

そう考えると、積極性の無さが失敗につながる最大要因かもしれないですね。消極的な態度はブライダルネットのようなマッチングサービスではNGです。

私はこうやって結婚しました!

当サイト管理人は2011年2月に婚活を開始、お見合いパーティーや婚活SNSを利用しました。それから半年後に彼女が出来て、紆余曲折があった後、2013年5月に入籍しました。

どうやって、結婚出来たのか、その経緯をまとめています。

 

管理人の婚活体験談

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ